2016年11月 記事一覧

初任給では生活は苦しい?

大学を卒業し、無事正社員として会社に入社できたとしましょう。
しかし、初任給はもしかすると学生時代の仕送り+アルバイト代よりももらえる金額は少ないかもしれません。
また社会人になり、スーツや靴、カバンなど、いろいろと物入りなのではないでしょうか?
初任給が振り込まれるのは4月ではなく、翌月の5月という点も、生活が苦しいと感じる大きな原因だと言えます。
つまり3月で仕送りがストップし、4月の収入が空白になってしまうのです。

もちろんそれを見越して貯金をしていたらいいのですが、していなかった人は、給料日までかなり苦しい生活を送る事になるかもしれません。
副業をしようにも、新社会人で本業で覚える事がたくさんあります。
また緊張の連続とストレスで、疲労度も高いでしょう。
なので、この段階で副業をすると、身体を壊してしまう可能性があるのであまりおススメできません。
それに4月から副業を始めたとしても、そのお金が振り込まれるのはやはり5月ですから、4月の生活が苦しいのは変わりません。

ですが、そんな時にオススメしたいのがネットオークションです。
ネットを使って家にある不要物を売ってしまうのです。
例えば学生時代の着なくなった服や、ゲームや漫画など売ってしまいましょう。
リサイクルショップやブックオフなどの古本屋でも買取はしてもらえますが、自分でネットオークションで売った方が買取り金額より高く売る事が可能です。

部屋もすっきりと片付いて、ネットオークションで不要物を売って数万円になれば、苦しい4月を乗り越える事が出来るのではないでしょうか?

副業の収入はいつもらえるのか

副業で稼いだ収入は、一体いつもらうことができるのでしょうか。
特に、在宅ワークの副業を取り組むつもりの人は、給料が振込まれる時期やその方法も気になるかもしれません。

基本的に在宅ワークの場合は、ほぼ100%と言っていいほど銀行振込となります。
外での仕事であれば、今でも手渡しのところはあったりしますが、在宅ワークはそれができないので振込となるわけです。

さて、肝心の給料をもらえる時期ですが、これに関しては案件によって大きく異なります。
月末締めで翌月の10日や15日、あるいは翌月末に振込まれるところもあります。
あるいは、週払いのところもありますし、中には納品完了後に即払いをしてくれるところもあります。

こちらは、事前に契約内容に全て記載をされていますから、しっかりと目を通しておくようにしましょう。
案件によっては、ある程度こちらの希望を聞いてもらえるところもあるので、是非希望を伝えてみるといいでしょう。

さて、振込まれる金額に関してですが、例えば1ヶ月で5万円の作業を行った場合、5万円がそのまま振込まれることもあれば、源泉徴収が引かれた形で振込まれる場合もあります。
一般的に、案件の発注先が法人であれば後者、個人であれば前者のパターンが多いです。

振込先の銀行については、特に指定がなくどこでもOKな場合もあれば、一部の銀行に指定されることもあります。
あるいは、指定された銀行は振込手数料が無料で、それ以外は手数料が必要となるケースもあります。

いずれにしても、そのあたりの項目は必ず確認しておくようにして、問題ないかをチェックしておきましょう。