副業にかける時間は

副業にかける事ができる時間は、思っているほど多くは確保できません。副業にかける時間は
1日は24時間しかなく、フルタイムで働いていると、それ以外の時間で睡眠時間を確保して、お風呂に入って、ご飯を食べて、そんなやらなければいけないに時間を費やしていると、自分の時間はほとんど残されていません。

そんな少ない自分の時間の中から、副業をする時間を確保するわけです。
平日なら1日1時間確保できれば、多い方だと言えるでしょう。
平日は確保できそうにないから、週末だけ副業をするという人も少なくないでしょう。

もちろん、時間は作るものだという人もいるかもしれません。
お風呂に30分入っているけど、ささっと髪と身体を洗ってシャワーを浴びるだけなら、半分の15分に減らす事ができる。
確かにそれで15分作る事は可能でしょう。
ですが、お風呂ぐらいは1日の疲れを取るために、しっかり湯船につかりたいですよね、
お風呂が1日の中でリラックスタイムとなっていて、削る事でストレスを感じるようになるのなら、削らない方がいいと言えます。
つまり一見ムダに思えても、自分にとって必要な時間は削らずに、別のところで時間を削る必要があります。

料理なんかは慣れていない人と、慣れている人とでは、全然作業の効率が違います。
そんなふうに、結果は今まで通りで、時間だけ短縮させる方法を日常生活の中で見つけ、副業にかける時間を増やせるようにしましょう。
もしくは、時間はこれ以上副業に増やせない場合でも、それならいかに短時間で稼げる副業を見つけるか、時間の使い方が重要となります。